日本郵政公社のIPOは2日後に完全に契約された。 少なくとも$ 10Bになる

日本政府は、日本郵政(株)と銀行・保険会社で、製紙の最初の2日後に提供しているすべての株式を注文した。

10月9日までに持株会社と銀行の株式を買い取ったと発表したが、保険会社は何度か報道されたが、情報の秘密を理由に特定されないように要求した。
Bloombergの計算によると、先週発表された低価格帯をベースにして、IPOから少なくとも1兆9000億円(100億ドル)を調達するとの早期の関心が示されている。 この要求は、郵便グループがこの範囲の上端で募集価格を引き上げることをより容易にする可能性があり、1987年以来、1兆4400億円と最大の民営化額に達した。

日本政府は、郵便事業の株式を、1871年に遡り、主に安倍晋三首相の目標の一部として国民に売却している。 安倍長官の小泉純一郎首相による民営化計画の成果であるIPOは、10年前、中国を中心に世界的な市場混乱に襲われた日本の株式にとって揺らいでいた。

震災復興

日経平均株価は8月11日以来14%下落した。 財務省は、IPOの80%を日本の投資家に、20%を海外の機関に提供している。 収益の一部は、東北地方の2011年の地震と津波に続く復興のために使用される予定です。 
日本郵政公社の広報担当者は、IPOに関するコメントはないと述べた。 財務省の当局者はコメントすることを拒否した。

銀行と保険会社の最終的な価格は10月19日に発表され、持株会社は1週間後に価格が決定される。 株式は11月4日に上場される。日本郵政グループの4億9,500万株、銀行4億1,200万ドル、保険会社6,600万ドルを含めて、総額973百万株が提供されている。

会社の評価

投資家は企業の評価に引き付けられる可能性があります。 日本銀行は、目論見書に基づく計算によれば、価格帯の上値を基準にしても0.47倍に評価され、国内の3大手貸し手の平均0.7倍である。 ゆうちょ銀行は、国内の他のどの金融機関よりも預金が多く、国債などの資産にほとんど投資しています。その理由は、貸出がほとんど制限されているからです。 国内最大の資産運用会社である日本郵政保険(株)は、0.67倍の評価を受けています。

70歳の年金受給者であるトメオ・カワサキ氏は、証券会社に、持株会社と銀行のそれぞれで100株を購入したいと述べると発表した。

「私は保険会社にも投資したいと思っていましたが、私は余裕がありませんでした」と、川崎氏は貯蓄を使って株式を購入すると付け加えました。 「株価が下がり、業績が上がらない懸念があるが、ジャパンポストのネットワーク、信頼性、安定性に賭けている」

成長の障害

郵便局は、セブン - イレブン・ジャパン株式会社が運営するコンビニエンスストアの数を上回る24,000以上の支店を全国に展開しています。

3つの事業はそれぞれ、成長見通しを曇らせている障害があります。 郵便物の減少に直面している郵便事業は、オーストラリアの物流会社Toll Holdings Ltd.などの企業を買収することで海外にも広がっています。銀行は、預金残高を低利の国債からシフトさせることによって預金からの収益を高めることに重点を置いています。 保険会社は、人口の減少が保険料収入を圧迫するため、海外にも目を向けている。

約60社がIPOに取り組んでいます。 野村ホールディングス、ゴールドマン・サックス・グループ、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、JPモルガン・チェースはグローバル・コーディネーターです。

・東京の佐藤茂、ガレス・アランの援助で

Comments