日本郵政公社のIPOリスト - 保険会社ユニットを含む - 約12億ドルの資金調達が可能

国営の日本郵政公社(JST)は30日、日本最大規模の民営化120億ドルを目指すため、株式公開買収の3倍の価格レンジを示した。

11月4日に設立されたIPOは、日本のポスト・ホールディングスの投資家を対象とし、保険会社と銀行の2つの財務部門が合計1.4兆円(116億ドル)の資金調達を計画している。 新たに設定された範囲には、先月設定された暫定価格が含まれます。
東京は、中国の景気がアジアの投資家を悩ませる恐れがあるとしても、IPOを成功に導く最も有名で安定した企業の1つに信頼を置いている。 日本は10%の企業が提供することで、2011年の地震と津波の後の復興に33億ドルの資金を投入し、将来の販売に強い小売りの関心を払うことを望んでいる。

香港のパリー・インターナショナル・トレーディング・ブローカーのマネジング・ディレクター、ギャビン・パリー氏は、「これは長期的なポートフォリオの主要な保有物となるだろう」と述べた。 「これは普通の取引ではなく、今世紀の日本で最大の株式公開であり、誰もが持っていなければならない」

また、債務負担国が国庫を増強するために資産を売却するため、一連の国別郵便サービスリストに加わる。 イタリアは、10月末または11月初めのミラノ市場デビューで、Poste Italianeの最大40%を売却し、45億ドルを調達することを望んでいる。

3つの日本郵政公社の約80%は国内投資家のために保有されており、これらのトランシェのほとんどすべてが個人投資家に売却されている。 ストックブローカーらによると、安倍首相は、安倍首相が東京証券取引所の株価を押し上げるために長期貯蓄を株式にシフトさせることを望んでいるとは言えない。

日本の世帯は14.3兆ドルの金融資産を持ち、その半分以上が現金と預金であり、日本銀行のデータが示している。 しかし、現金と預金は、米国の家計の金融資産のわずか13.2%に過ぎず、同じデータが示されている。

1:1,000の機会?

「今まで経験したことのない株式投資の人々を引きつけるためには、1000万のチャンスがあります」と、現地の小規模な軍隊の1つである金沢西岸沿岸のイマムラ証券の宮田英雄日本郵政公社の販売シンジケートの証券会社を運営しています。

宮田氏は、保険会社の多くの問い合わせが最も多いことから、仲介手数料が日本の郵便事業会社の株式をすべて顧客の要求に応えるために十分に確保しないことを心配していると述べた。 売上の面では、顧客は3つの株式の任意の組み合わせを購入することができ、2つまたは3つの企業すべてに買収するための割引はありません。

3位のうち最大のものである日本郵政ホールディングスの予約は、10月8日から10月23日にかけて、6月末までに約6,930億円にのぼり、最終公募価格は10月26日に設定される。 1株当たり1,100-1,400円の金額は、暫定指標価格1,350円(同社を約500億ドルと評価する価格)と比較しています。

一方、ゆうちょ銀行はIPOのために1株当たり1,250〜1,450円の指標価格を設定し、総市場価値は最大540億ドルに達した。 日本郵政保険協同組合は1,900~2,200円の範囲を設定し、おそらく同社を108億ドル規模と評価した。

10月8日から10月16日にかけての持株会社よりも、銀行や保険会社の帳簿作成期間が短く、10月19日に最終公募価格が設定される。

三菱UFJモルガン・スタンレー、野村證券、ゴールドマン・サックス、JPモルガンがグローバルコーディネーターに選ばれたことで、11社がリードアンダーライターとして雇用されました。

($ 1 = 120.0400円)

(Joshua Huntによる追加の報告; Kenneth Maxwellによる編集)

Comments