東京海洋、海外展開を進める中、中国の成長にCiticを活用

米国最大の買収で新しくなった東京海上ホールディングスは現在、中国でのチャンスを探しています。


保険会社は、中国の最大の財閥であるシティグループ社との関係を拡大する計画だと、東京海上の長野剛長は同日、東京でのインタビューで語った。 同社は昨年、香港に上場しているCitic Groupの傘下のCitic Ltd.に780百万香港ドル(101百万米ドル)を投資した。
「現在、中国で展開する方法を検討している」と長野氏は述べた。 「Citicでは、良き企業に共同で投資し、保険ビジネスを一緒に開始したいと考えています。

保険会社は6月、テキサス州ヒューストンに本社を置くHCC Insurance Holdings Inc.を日本の保険会社が最大の買収で約75億ドルで買収することで合意し、自宅での停滞を補うための海外展開を強化した。

東京海上は、Citicの専門知識を活用し、地元企業を選定して投資することで、中国の損害保険ビジネスの発展を加速する計画だという。

2007年6月以来の高水準となり、3%増の5,342円となった。 今年は36%上昇したのに対し、Topix指数は18%上昇した。

アジア市場

東京を本拠地とする東京海上マリンは、中国をはじめ、インドネシア、タイ、フィリピン、インドなどアジアの新興市場で、地方銀行などと保険契約を結び、広げようとしている。 ブラジルやメキシコなどの南米市場でも機会を求めている、と彼は語った。

日本の保険会社は、高齢化社会に苦しみ、家庭内の人口が減少している東南アジアの成長によって誘惑されてきました。 住友生命(株)は2013年12月にPTバンク・ネガラ・インドネシアの生命保険会社の株式を買収し、第一生命保険は同じ年にPTパナン・ファイナンシャル・トゥックの人生ユニットの株式を購入した。

東京海上は米ドルで借り入れている可能性があり、HCC買収の資金調達のための株式売却計画はない。これは11月に完了する予定だ。

Comments