スイス・リート、アローラをグローバル・ヘッド・オブ・ケージーに任命

スイス・リーはスティーブ・アローラ氏を世界的な損害賠償責任者に任命した。 この能力で、彼は再保険執行委員会にも加入する予定です。
現在日本の首席であるアローラ氏は、妻と3人の子供たちと一緒にチューリッヒへと夏に移動する予定です。 その役割は7月1日に発効する。
Swiss Reは、Aroraは多くの多様な環境で成功した実績のある実証済みのリーダーであると述べています。 彼はスイス・リーで17年間働いていました。その当時、財務、リスク管理、引受、販売、最近では一般管理など、幅広い地理的かつ機能的な経験を積んできました。
アローラの任命は、7月1日にアジアの地域再保険社長兼CEOに任命されたJayne Plunkettの最近の任命に続くものです。
スイス・リーはまた、7月1日より、日本の新しい国首相として、ドドアツヒロとも名づけられました。この役割で、彼はマーケット・エグゼクティブとクライアント役員の両方になり、スイス・レ大統領。
ドドー氏は12年間スイス・リーブに在籍しており、同社のビジネスと日本市場について十分な理解を得ている。 彼はProperty Hub Desk Japanの責任者に就任し、最近ではP&C Japanのクライアント市場の責任者を務めました。
出典:スイス・レ

Comments