日本の年齢とともに、労働力もそうです

高齢者は苦労し続ける
愛知県の多くの企業、日本の製造業の中心地である自動車業界向けの工作機械メーカー、ニシジマックス(Nishijimax)は、労働者を捜すのに苦労している。 ドラムタイトな労働市場を持つ国でのその解決策は、日本ではますます一般的になっているものです。退職の年齢を上げることです。 同社140人のうち30人以上が60歳以上です。 最も古いのは82です。有資格者を早期に牧草地に出すことは無駄です。マネージャーの西島寛氏は言います。 "彼らが仕事をしたい場合、彼らはすべきです。"

90年代後半には67m以上のピークを迎え、日本の労働力は約2m縮小した。 政府は、人口の年齢が低下し縮小する中、世紀半ばまでに42mにまで崩壊する可能性があるとしている。 外国人の数は、2015年に2.2mの最高値にまで上昇したが、それは労働ギャップを埋めるほどではない。 日本は移民に向かってドアを開くのではなく、働くことができる自国の人々をより多く活用しようとしている。

日本の大企業は主に60歳の強制退職年齢を設定しました。これは主に年功序列制度に給与費用を削減するための方法です。 しかし、他の事業はそれほど厳格ではありません。 政府の調査によると、60歳以上の日本人約1260万人は、2000年の8.7メートルから今のところ働き続けようとしている。65歳以上の日本の3分の2は、 日本の男性の実際の退職年齢は現在70歳に近いとOECDは述べている。 ほとんどの国では、国民年金の対象となる年齢に達する前に、通常は仕事をやめます。 国民年金が61歳で登場する日本(2025年に65歳になる予定)はまれな例外です。

日本の労働力の灰色化がはっきりとわかります。 高齢者は、タクシーを運転することがますます増えており、スーパーマーケットや警備隊で働いています。 上司も年を取っています。 商社三菱商事の会長佐々木幹雄氏(79)は、新生銀行の会長兼CEOである八代正信氏が87名である。世界最大の新聞の編集長である渡辺恒夫 読売新聞 90は、すばらしいです。
60歳以上の人に臨時雇用を提供するエージェンシーであるコリアシャ社長の緒方健氏は、労働者の就労意欲はほとんどないと述べ、年金受給者、女性、ロボットをさらに活用する。 Koreishaを通じて仕事を見つけた人の多くは、日本最大の家庭用天然ガス供給業者である東京ガスの従業員でした。 彼らは今、メーターを読んで、住宅所有者にアプライアンスの使用法を説明しているのと同じ種類の仕事をしています。 「彼らには、あまりにも多くの経験と知識があり、使い勝手が良い」と緒方氏は語る。

彼らはまた安くすることができます。 企業は、以前のものよりも条件が悪い非正規の契約で退職者を雇うことがよくあります。 デパートチェーンのTakashimayaは、60〜65歳の従業員を対象としたパフォーマンスベースのシステムを導入しています(追加費用なし)。

日本の労働窮地は、もはや働くに足るほど身近な高齢者のための慢性的な看護ケア不足を引き起こしている。 コンサルタントであるマッキンゼーは、健常者の高齢者を助けるべきだと述べている。 もしそのうちの10%がこのような仕事をしていたら、2025年までに70万人の介護者が増えるだろうと思う。 マッキンゼーは、これを奨励する一つの方法は、養護施設に場所を割り当てる際に介護者として働いた人たちに優先順位を与えることであるとマッキンゼーは述べています。 しかし、国民年金制度は、ある一定以上の収入を得た場合、高齢者の給付を減らすことによって働くことを嫌う高齢者を援助していません。

Nishijimaxでは、管理職は高齢労働者の滞在を望んでいることは明らかです。 同社の業務ルーチンはニーズに合わせて調整されています。 食堂が提供するものは、塩分を減らした味噌汁です。

Comments