日本は、米国との自由貿易協議を可決


安倍晋三首相は15日、ドナルド・トランプ米大統領の太平洋パートナーシップ(TPP)解除を契機に、東京とワシントンが二国間自由貿易協定を結ぶことができる可能性を指摘した。

キャンペーンの約束を遂げるTrumpは、月曜日に米国をTPPから引き離し、ワシントンとアジアの同盟国との距離を離した。トランプ氏は、TPPはアメリカ人に雇用と投資を奪うと語った。

安倍晋三官房長官は、「日本はTPPの重要性を強調し続けているが、米国とのEPA(FTA)とFTA(自由貿易協定)に関する交渉では全く不可能ではない」と述べ、両国。

安倍晋三官房長官は、日米間の貿易協定交渉について、閣僚級ラインナップが承認され、政策が明確になるまで、貿易政策についての推測を控えると述べた。トランプ氏は、多国間取引よりも双方向の貿易取引に有利に働いていることを明確にしている。

日本、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、ブルネイ、チリ、マレーシア、メキシコ、ペルー、シンガポール、ベトナムの11か国のTPP加盟国​​は、多国間貿易協定を救済しようと3月に協議する予定です。

オーストラリアはTPPのメンバーとして中国をTPPのメンバーとして米国に代わって提案しているが、北京は多国間貿易協定を締結しており、日本はそのアイデアを冷静に扱っている。多くのアジア諸国は、TPPを中国のこの地域における成長力との釣り合いと見ていた。

(報告者:梅川崇、金子かおり、マイケル・ペリー編集)

Comments