日本の保険会社が米国の資金調達を続けると予想:投資銀行家

日本の保険会社は、昨年、米国で180億ドル以上の買収を行い、その支出はまだ終わっていないと、業界関係者は火曜日に述べた。
日本では、法律家メイヤー・ブラウン(Mayer Brown)が主催するニューヨークでの合併・買収会議で、投資家のパネルが、自宅で鈍い成長見通しに直面している多数の健全かつ健全な保険会社がいると述べた。 国の老齢人口、為替レートの切り下げ、低金利の圧力リターンはすべて、国内開発を鈍らせている、と彼らは言った。
こうした動向が、まだ波紋に包まれている日米の保険契約の波に拍車をかけているという。
Morgan Stanleyの保険投資銀行グループのマネージングディレクター、Meir Lewisは、パネルディスカッションの中で、米国が「買い物をするには最大の場所」と語った。 「これらの問題は継続しているため、これを継続することを期待しています。
穏やかな市場

パネリストは、日本のバイヤーが米国で驚異的な取引を維持しようとする意欲は、2016年の米国保険契約の市場が低迷するのを助けるだろうと述べた。 いわゆる反転取引を抑制するための新たなルールは、再保険会社やある程度は損害保険会社を含む国境を越えた取引を冷やしている。
一方で、米国の生命保険会社は、プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(Prudential Financial Inc.)などのいわゆるシステミック・ノン・バンク(systemically important non-bank)の厳格な監督の観点から、
Deutsche Bank AGのマネージングディレクター、Nandini Mongia氏は、次のように述べています。「中規模企業間で合併する可能性のある中堅企業は、そうすることを躊躇しています。 「取引の規模が大きくなればなるほど、厳しい監視が行われる」
東京海上ホールディングス 、明治安田生命保険、住友生命保険、大和総合銀行がまとめたデータによると、米国への日本の進出は、昨年、合計で184億ドルの買収を達成した4社によって導かれた。 -Ichi生命保険株式会社
シティグループのグローバル保険グループの責任者であるGautam Chawlaは、他の日本の保険会社は、すでにリードして米国に進出する可能性が高いとしている。
同氏は、ダイイチが、プロテウスライフ社を55億ドルで買収してから1年も経たずに、昨年Genworth Financialの生命保険および年金事業を買収したと指摘した。
「これは、2つ以上のステップを踏むことができるもののほんの一歩にすぎない」とチャウラ氏は語った。
高い価格

Morgan Stanleyのルイス氏は、日本の買収企業は、米国への拡大を監督できる有能な経営陣が経営する高品質の企業を買収しようとしていると述べた。 彼らは、取引を終了するために高い価格を支払う意思があることも示している、と彼は言った。
東京海上は30%以上のプレミアムを支払って、 HCC Insurance Holdings Inc.を買収した。これは、10月に終了した75億ドル近くの取引である。
ブルームバーグ・インフォメーション・アナリストのスティーブン・ラムによれば、日本の生命保険会社と損保ジャパン日本通運ホールディングスは、米国の利益向上のためのターゲットを探す可能性のある日本の保険会社です。 MS&ADインシュアランス・グループ・ホールディングス社長唐澤康之氏も米国のM&Aに関心を示しています。


Comments