福島後の保険会社再保険として日本の地震保険料が上昇

日本の保険会社は、4年前までに前例のないマグニチュード9の地震に続いてリスクを再評価するため、地震保険料の平均19%の増加を求めている。    
財務省のこの問題を研究している団体によれば、この増加は2017年1月に発効する可能性がある。 これは段階的に導入される可能性があり、昨年7月に承認された15.5%の上昇、18年間の地震保険料の最初の増加に続くものである。
日本の地震保険料率は地域によって異なり、毎年地震調査推進本部が発行するいわゆるハザードマップに基づいています。 2011年3月の災害以来、ハザードマップは他の地域にも拡大されていると、国立防災科学技術研究所の藤原博之教授は述べています。

「予測を改善するためにこれまで考慮していなかった場所で地震の可能性をモデル化しようとしている」と同グループの一部である藤原氏は述べている。

2011年3月11日の地震と津波は、東京北部の​​太平洋沿岸にある海辺の町を一掃し、15,000人以上を殺しました。 別の2,500人はまだ行方不明としてリストされています。 2011年の政府の見積もりは、災害に関連した費用を現在の為替レートで16.9兆円、すなわち1,360億ドルとしている。

損害保険協会(JAS)ウェブサイトによると、保険会社の法案は1兆2000億円に達した。 前回の記録は1995年の神戸港に襲われた地震で783億円だった。

東京の脅威

同グループの広報担当広報担当林孝史によると、日本の総合保険評価機構(NPO)は、保険料の引き上げを要求しており、一時的に19%上昇するのではなく、徐々に増額する可能性があることを確認している。

東京海上日動火災保険株式会社や損保ジャパン日本通子ホールディングスなどの大手保険会社で構成され、損害保険全般の保険料率を算出しているという。

日本のハザードマップを描く地震学者たちは、約3,000万人の世界最大の都市、日本の政府、ビジネス界、金融市場の中心地である大都市東京に直接的な被害を及ぼす恐れがあると警告している。

この都市は、フィリピンとユーラシアの2つの構造プレートの境界にある3つの大きな断層線に隣接している。 気象庁と米国地質調査所のデータによると、日本は2000年から2009年の間に、マグニチュード6以上の世界の地震の20.5%を経験した。

藤原氏は、今後30年以内に東京を襲うマグニチュード7の地震の確率は70%であると述べた。

それは、東京大学地震予知研究センターの平田直志教授が共有した考えです。

「マグニチュード7の地震は日本では珍しいことではありませんが、東京を含む関東地域では100年におよそ5回発生します。 "それは高い頻度です。"

Comments