中国のAnbang Eyes $ 2.3B日本の不動産資産の購入:出所

Insurance Group)は、世界金融危機以来、日本最大の不動産取引になるとみられるブラックストン・グループ(Blackstone Group)の日本の居住用不動産資産を23億ドルで買収すると話している。
米国の資産運用会社は、2014年にゼネラル・エレクトリック・カンパニー(General Electric Co)との取引を含む、投資家から買収した不動産の売却について議論している。
会談は先進的な段階にあり、関係筋の1人は述べた。
アンバンにとって、グローバルな資産の多様化を目指すことで、この契約は日本の不動産への最初の挑戦になるでしょう。 昨年の中国企業は、資産運用会社シンプレックス・インベストメントの入札で、日本の開発者Hulic Coに敗れた。
Blackstoneの関係者はコメントを拒否した。 アンバンの関係者はすぐにコメントを出さなかった。
Morgan Stanleyが運営するファンドは、ANAホールディングスから2007年に資産投資ブームの高さであった2810億円で13戸のホテルを買収して以来、最大の日本の不動産取引を約2,600億円で買収したという。
2012年末には安倍晋三首相が就任して以来、日本の不動産市場は反発し、数十年のデフレから日本を引き離そうとする金利引き下げと資産価格の上昇という超簡単なマネー政策を支持した。
オフィスの不動産価格は、投資家が将来の収益を正当化することが難しいレベルにまで回復していますが、成長が堅調な大都市では住宅価格がさらに上昇する可能性があります。
ブラックストーンが売却しようとしている資産は、主に中流階級の住民を対象としたマンションです。 ブラックストーンが2014年にGEの不動産部門から1,900億円で買収した日本最大の都市(東京、名古屋、大阪)の資産を含む。 米国の資産運用会社は、一部の住宅資産を他の投資家から購入した。
BlackstoneがAnbangに売却した場合の投資に対する利益のどれだけがすぐには明らかではありません。
個人所有のAnbangには8000億元以上の資産があります。 3月にはブラックストーンからStrategic Hotels&Resortsを65億ドルで買収し、米国のホテルポートフォリオを拡大することに合意した。 同じ月に、中国の保険グループはスターウッドホテル&リゾートワールドワイドInc.に対して140億ドルの入札を中止した
また、ニューヨークの有名なWaldorf Astoria Hotelを所有しています。
($ 1 = 111.0600円)($ 1 =中国元人民元6.8960)(藤田順子氏、ウィリアム・マラードとマーティン・ハウエル編集)

Comments