日本の保険会社が34人のスタッフをAIに置き換える

サイエンスフィクションは、人間が機械によって仕事から追い払われる未来を長い間想像してきました。
日本の保険会社の34人のスタッフにとって、そのビジョンはただの現実となりました。
福子相互保険は従業員を解雇し、保険給付を計算できる人工知能(AI)システムに置き換えています。
同社は生産性を30%向上させると考えている。
今月末に200万円のAIシステムを導入した後、年間約140万円(97万9,500万円)を給料として節約する見通しだ。
セットアップのメンテナンス費用は年間約15百万円かかると予想されている。
日本の毎日新聞によると、このシステムはIBM Japan LtdのWatsonに基づいており、IBMは「人間のように考えることができる認知技術」と呼んでいる。
IBMは、「構造化されていないテキスト、画像、オーディオ、ビデオを含むすべてのデータを分析し解釈する」と述べています。
Fukoku MutualはAIを使用して、保険証書を読み、手術や入院に関するデータを読み、保険契約者の支払いに必要な情報を収集します。
毎日新聞によると、日本の他の3つの保険会社は、顧客に最適な保険プランを見つけるようなAIシステムの採用を検討している。
世界経済フォーラムの調査では、昨年、ロボットとAIの台頭により、先進国15カ国で今後5年間に510万人の雇用が失われると予測された。
この調査でカバーされている15の経済は、世界の全労働力の約65%を占めています。

Comments