日本の地震は、保険会社に29億ドルの費用をかける可能性がある

4月16日に南日本に襲った地震は、災害モデラーAIR Worldwideによると、保険会社にはおそらく3,200億円(29億ドル)の費用がかかります。
同社は水曜日に電子メールで声明を発表した。
先週末、地震が発生し、50人以上が死亡し、被害が広がった。 地方自治体の庁舎の声明によると、熊本市と大分県では、1000人以上が負傷し、196000人以上が避難した。


4月16日の震度は、2日前に日本の九州島を襲った強震記録よりも強かったが、日本の強度スケールのほぼ一番上にある余震が続いた。

Comments