日本のホテルチェーンは、いくつかのホテルから南京大虐殺を否定する本を取り除くことができます 左右 2/2左右


中国大統領が戦時中に南京大虐殺を否定した書物の上の騒ぎの中心にある日本のホテルチェーンは、正式な書面による要求があれば少なくとも一部のホテルから本を取り除くことを検討する用意がある。

東京を拠点とするホテル・不動産開発会社、APAグループは先週、元友俊夫社長の本を発表した。同氏には改訂見通しが含まれており、APAホテル400軒以上のすべての部屋に置かれている。

元太郎は、南京大虐殺の物語は「不可能」と書いている。「これらの行為はすべて、日本軍によって行われたと言われていたが、これは真実ではない」

中国は、1937年12月から1938年1月まで、南京で日本軍が30万人を殺したと述べている。戦後連合裁判所は約半分の死者を出した。中国の怒りには、保守的な日本の政治家や学者の中には、虐殺が否定されたり、死者の数がはるかに少なくなっていることがある。

日本のフリースピーチ法が彼を守っているとしているが、ソーシャルメディアにビデオを投稿したことで、先週中国で問題になっていた。

しかし、APAは、2015年4月、北海道最北端の札幌アジア・ウィンター・ゲームのために、いくつかのホテルを利用して競技者をホストするために交渉が行われたとき、旅行代理店から口頭で部屋からの問題。

正式で書面による要求があれば、それ以上の詳細は言わずに対応する用意があると付け加えた。

2月19日から26日に行われるこの試合のオフィシャルは、選手たちにとって最高の環境を作りたいと言いましたが、ホテルが決定されて以来、APAとは話していませんでした。彼らはまた本を知らなかった。

「ゲームのホストホテルを選ぶには、政治的、宗教的、あるいは人種的な見解を宣伝するものではないという我々の基準をすべてのホテルが満たしていることが前提条件となる」と、組織のスポーツ局長の山崎久嗣委員会

APAは、正式な要請があれば、印刷物を取り除く声明を発表したが、オリンピック評議会(OCA)と話し合って迅速な対応を決定したい」と述べた。

OCAは、アジアのすべてのスポーツの統治機関です。
ソース:

Comments