トランプが太平洋貿易取引を拒否した後、日本は1980年代の反発を恐れる

東京のコンテナターミナル。日本は2016年に6年ぶりの貿易黒字を記録した クレジットKimimasa真山/ EPA通信

トンプソン大統領は、米太平洋パートナーシップ(FTA)交渉の中で米国を引き抜こうとする日本の稲作農家の近藤仁史にとって良いニュースだったはずだ。

オバマ政権によって交渉し、抜本的な12カ国の合意、氏トランプによって正式に拒否された月曜日には、日本の高度に保護された農業部門の帯状部分を開いているだろう、と苦々しく農民が反対しました。さて、アメリカの関与がなければ、契約は死んだものと同じように見える。

近藤さんは祝いません。

「それは実際にはより恐ろしい。なぜなら、次に来るものはもっと厳しいものになるからだ」と彼は水曜日、日本の指導者が一貫した対応を見つけるために争ったと語った。

次に来るものは、日本の多くが信じると、東京とワシントンの間の打撲の対決かもしれない。彼らはへの復帰を恐れて1980年代との貿易戦争90年代、多くのアメリカ人は信用できない経済的な敵としての日本を見て、。

Uターンは、日本の首相のための後退である安倍晋三。安倍長官は、太平洋横断パートナーシップを、日本と他の友好的な環太平洋諸国に近づけることを目標とした2つの目標を進展させる方法と見ている(TPPとして知られている貿易協定には、日本の景気低迷の影響を強く受けている。

これは、安倍長官が撤退を約束したにもかかわらず、政府が金曜日に閣僚会議に出席した直後のことである。

トランプ氏は、日本がアメリカとの貿易関係を変えたいと繰り返し言いました。会談ではフォード・モーターやその他のアメリカのメーカーの幹部は今週、大統領は再び、このような不均衡があったことを言った「公平ではありません。」

トランプ氏は、世界経済の成果の40%を占める国々を含むTPPのようなグループ取引の代わりに、各国との貿易協定を追求したいと述べている。日本は長年に渡って多面的な取引に多国間のルール作りを優先してきたが、トランプ氏のアプローチに沿ったプレッシャーは強くなるだろう。

グレン・S・フクシマ元米国貿易担当官は、「米国は経済的にも経済的にも、中国に安保を提供するためにも、米国との二国間協定に最終的に合意するだろう」と述べた。ワシントンのシンクタンクであるアメリカ進歩センター(Center for American Progress)で講演した。

正式には、日本はTPPや米国の関与をあきらめていない。

安倍晋三首相は、首相の辞任を宣言した翌日、ワシントンから「戦略的かつ経済的に重要なことを断固として理解し続ける」と述べた。安倍氏の顧問は、ビジネスと国家安全保障の経験を持つトランプ氏の内閣のメンバーが、努力に声を出すことを期待している。

日本の大企業を代表するロビー団体の経団連会長、榊原貞之は、今週、安倍氏に二段階アプローチを促した。安倍晋三官房長官は、「多面的な交渉を最終的に広げることを目指して、必要に応じて米国を直接抱き合わせて、取引を存続させようとするべきだ」と述べた。

しかし、トランプ氏の貿易見解の抜本的な変更を避けることは、何年もの間、おそらく次回の管理まで、問題を突き詰めることを意味する可能性があります。

TPPの崩壊は、依然として高いポーリング数を保有している安倍氏に直接的な脅威をもたらすものではない。多くの日本人有権者が、これとは反対に貿易協定を支持した。

しかし、日本の他の貿易オプションは、TPPのやり方と同じように、安倍氏の目標を達成するものではない。

日本をはじめとする国々は、ワシントンを使わずに進めることができる。これは、合意を成立させるためには合衆国が批准を要求する条件を変更する必要がある。オーストラリアのマルコム・ターンブル首相は、この考えを、安倍氏や他のいくつかの指導者に伝えていると述べた。このグループの第2位の経済を持つ日本は、米国に次いで重要な参加者となるだろう。

しかし、アメリカの関与のメリットを売却した安倍氏にとっては、政治的に厄介なことがあるかもしれない。狭い商業的根拠にもかかわらず、彼は何らかの説明をするだろう:より多くの農産物輸入を受け入れることは、自動車や他の製造品のための広大な米国市場へのより安いアクセスのために日本が支払った価格であると考えられた。米国の姿勢から、安倍氏は農民をほとんど売却しないと非難される可能性がある。

日本の首相、安倍晋三が火曜日に議会で質問に答えた。安倍氏は太平洋横断パートナーシップを熱心に支持した。 クレジット徹山中/フランス通信社-ゲッティイメージズ

日本は他の取引を交渉中です。欧州連合(EU)は、2013年に安倍長官がTPPを受け入れる前に、会談は延期された。欧州の交渉者は、農業に対する譲歩も望んでいる - 日本の農家が救済のため息を吐いていないもう一つの理由。少なくとも1つの地域では、乳製品、欧州の要求は日本がTPPで合意したものを超えている。

日本はアジア貿易構想である地域総合経済パートナーシップの一環でもあります。しかし、その努力はパートナーシップの最大の経済を持つ中国が率先して行っている。

中国の台頭はおそらく一世代前の日米貿易戦争からの最大の変化を表している。日本にとって、それは追加のリスクと潜在的なバッファーの両方です。安倍晋三官房長官は、貿易問題に関与する高官らは、トランプ氏が中国をまず対象とし、日本の優先順位を下げることを願っている。

しかし、企業は1980年代のプレイブックから脱皮している。日本の自動車メーカーは、アメリカのオフ頭に米国に工場を建設し、保護主義を豊田章男トヨタ自動車の社長、そして他の人がハイライトの最近点を作ったの投資を-その後。米国で販売されている日本のブランド車の約4分の1しか輸入されていませんが、日本は多くの高価値部品や設計作業の源泉として残っています。

米国の貿易交渉で何十年も繰り返された日本に関するトランプ氏の苦情の1つは、関税のような貿易障壁がなくても外国製品を保つために経済が組織されていることです。この論理によって、ディーラーと規制当局が彼らに共謀するため、アメリカの自動車メーカーは日本市場に浸透していません。(日本は自動車に国境税を課していない;米国は最も輸入されている日本の自動車に2.5%の課税を加える)

日本は、いわゆる非関税障壁に対処してきた - 場合によっては、TPP協議への直接的な対応として。例えば、米国自動車安全基準を認める交渉中に合意し、超軽量日本車に有利な税の抜け道を狭めた。農業では、日本の独占農業協同組合の力を抑制する方向に動いている。

日本は、TPPの下で、約2,000品目の農産物の輸入関税を、これまでの貿易協定よりも段階的に廃止することに同意したが、他の加盟国よりも少ない割合で輸入関税を引き下げることに同意した。米のような敏感な製品は免除された。

米農家の近藤氏は、安倍氏が米国への一層の受け入れを認めて、トランプ氏を和らげることを心配している。

「米国に車を売る必要がある」と、農民たちはアクセスのために取引されるだろう」と述べた。


ソース
 


Comments