台風18号が日本に上陸し、怪我や避難を引き起こす

台風18号は、日本の最南端の九州の島に上陸し、怪我や避難命令を促した。 航空会社と列車のサービスのキャンセルは何千人もの人々に影響を与えました。
午前6時ごろ、熊本県内で河北省の3大ハリケーンの強さを誇っていたゴニーが九州を迂回し、下関市付近の海に入り、山口県周辺の28万人が避難した。地滑りに対する懸念、公共放送局NHKは述べた。

九州・山口では少なくとも33件の台風が台風に起因していたと朝日は報じた。

気象庁は、南西日本の大部分において、高波、地すべり、都道府県の洪水について警告を発した。 同庁舎によると、嵐は午後11時45分現在、九州最大の都市である福岡から北東約100キロメートルのところにあり、依然として時間当たり180キロメートルまでの風向きを詰め込んでいた。

週末に南日本で飛行をキャンセルさせた台風は、引き続き旅行を混乱させている。 日本航空は今日の国内線106便をキャンセルし、10,440名の乗客に影響を与えた。 韓国の釜山行きの便も遅れる可能性があります。 ANAホールディングスは本日、国内線67便をキャンセルした。 九州には新幹線を含む列車が停車していた。

ゴニは、先週太平洋で北向きになった後、破壊をもたらし、フィリピンで少なくとも14人を殺し、台湾の天気予報を促した。 この嵐は今週末に朝鮮半島を覆うことが予想されている。

気象庁によると、このシーズンの日本の15番目の台風である。 第16台目の台風であるアツァニはその後、熱帯低気圧に弱まり、海に向かって東へ向かっています。

日本は、7月から10月に台風が本島に上陸する可能性が最も高く、典型的な年に2〜3回が上陸します。 台風ナンカは、7月に西日本で上陸し、少なくとも2回は死亡し、この地域全体で旅を混乱させた。 日本の季節に台風が発生するのは、通常20年代です。

東京でドリュー・ギブソンの助力を得て

Comments